2015年以前の取組事業について

SR連携プラットフォームは、2011年の設立以来『この地域の100年先の未来を見据えて、すべての組織・全ての個人が当事者性を発揮して持続可能な社会発展のために貢献する「SR社会」づくりを目指す』と理念を掲げ、多様な関係者の連携推進、SR社会に必要な新たなしくみづくり、その基盤となる地域や社会の環境整備に向けて、取組・活動・事業を始めました。
 具体的には、コミュニティビジネス等の連携協働オフィス「地域資源長屋なかむら運営事業」と、SR社会づくりにダイレクトに働きかける「SR関連事業」を2大事業と位置づけ、それぞれに事業を推進してまいりました。

「地域資源長屋なかむら運営事業」は、本サイトでご案内している通りですが、SR社会づくりにダイレクトに働きかける「SR関連事業」としては、以下の通り事業を進めてまいりました。
 2013年度より「ISO26000」をSR社会づくりの羅針盤と位置づけ、ISO26000を基礎から学ぶ連続セミナーを3期にわたって開講。その後はより具体的なSR取組を促すものとして、ダイバーシティ雇用や人権課題についての個別テーマのセミナーや、個別の組織ごとに具体的な実践方法を考える「戦略的CSR塾」を開講してまいりました。

「SR関連事業」としては、セミナー等の開講も一巡し、今後の活動・事業のあり方について事務局内・理事会内で検討を重ねていた2015年10月、創立者であり、かつ「SR関連事業」について次の構想を主導していた、代表理事 関戸美恵子が急逝いたします。今後の事業取組について、のこされた理事一同で1年余りにわたり検討を重ねましたが、各理事断腸の思いながらも「SR関連事業」については事業推進を凍結し、「地域資源長屋なかむら運営事業」に資源を集中させるという決断をいたしました。「SR関連事業」について、その理念は各理事で共有しながらも、具体的な事業のイメージを描ける者がいない以上、活動・事業としての継続発展はままならないという判断です。「SR社会づくり」へのご期待に沿えず、大変申し訳ありません。

 連携協働オフィス「地域資源長屋なかむら」につきましては、ご案内の通り、元気に運営を続け、ご利用の皆様には大変ご好評をいただいております。当初の2大事業体制から「片輪」のみの形となりましたが、精いっぱい継続発展させていく所存です。
 今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

2016年10月
一般社団法人SR連携プラットフォーム
代表理事 森 建輔

 

NPO・NGOを中心としたSR(社会責任)に関する取組については、以下の取組をご参照ください。

  

 

創業者 故 関戸美恵子 メッセージ・プロフィール

2011年3月、東北地方を大地震と津波が襲い、福島第一原発が大事故を起こしました。誰もが慄然とし、来し方行く末について思い巡らせる時機に、私たちの社団はスタートを切りました。

 100年先、200年先も、この地球は人類の住処として機能しているでしょうか。人々はその恵みを受け取りつつ、賢明でバランスのとれた事業経営で経済や社会を発展させているでしょうか。
 賢明でバランスのとれた未来は、今を生きる私たちに変革を迫っています。全ての組織や人が、応分の社会的責任を果たし連携すること、とりわけ経営においては「事業性と社会性の統合」が強く求められています。100年先の未来は、今からの舵取りにかかっており、 未来に向かって切る舵は、今の困難を乗り越え事業体の価値を高めることにもつながります。
  21世紀の世界の風景は、かつてないレベルでの「混沌」に彩られています。地球も自然も、社会も経済も、もはや小手先の対処療法ではどうにもならないところに来ています。社会、とりわけ事業経営における免疫力アップの体質改善、それは事業性と社会性の統合を追及し、多様なステークホルダーとの対話・連携・協働を実現していくことによって可能です。
 セミナー、研究会、SR書庫、ステークホルダーとの対話や協働の場の設定など、SRPは、これまでの経験と多様なネットワークを活かして、SRな経営、SRな振る舞いのための基盤整備に務めてまいります。

2011年6月
一般社団法人SR連携プラットフォーム
代表理事 関戸 美惠子

 

関戸美恵子

 1969年立命館大学法学部卒業。その後高校教員、めいきん生協全体理事を経て、1992年起業支援事務所ワーカーズ・エクラ設立、代表に就任。1998 年1月、起業支援のNPOとして起業支援ネットを設立。1999年9月、特定非営利活動法人取得、代表理事に就任。コミュニティビジネスの支援を中心とした起業支援事業に携わる。2005年に開校した「起業の学校」校長。

 2008年「東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会」代表世話人。2011年「一般社団法人SR連携プラットフォーム」代表理事就任。2011年7月起業支援ネット理事退任。

 その他、中小企業庁中小企業政策審議会委員、中部経済産業局新連携評価委員、中部経済産業局新連携補助金審査委員、愛知県労働政策推進会議委員、愛知県地 域ビジネス総合支援協議会委員、愛知県科学技術会議委員、名古屋市男女平等参画審議会委員等各種委員他多数の各種委員を歴任。

2015年10月、突然の脳梗塞により病臥。同15日永眠。